私の包丁図鑑 No.6 「藤次郎F-875 改Nモデル」

更新日:3日前

藤次郎の「F-875 改Nモデル」です。














【仕様】

メーカー:藤次郎

刃渡り:180㎜

重さ:169g

素材:モリブデンバナジウム

形状:牛刀

刃付け:片刃・私好みの刃付けの包丁



2014年の12月、マスターと同じ包丁(藤次郎の「F-875」)を買おうと思い

間違えて「F-807」を購入しました。

その後、改めて買った「F-875」です。



「F-875」は新品状態で既に「片刃のシェフナイフ」でしたが、

「刃離れ」効果が弱く、購入後、すぐにマスターに研ぎ直してもらいました。


研ぎ直すといっても、当時は何をしてもらっているのかわからず、使っていました。

今は、「新品状態のF-875はどんな刃つけなんだろう、刃先厚は?」と、いろんな疑問があります。



私が購入し、この時に研ぎ直してもらった「F-875 」、通称「Nモデル」は、

2014年12月~2017年くらいまで私が使い、現在は後輩スタッフにプレゼントしています。



料理教室の生徒さんなど、私と同じ包丁が欲しいと言ってくれた方には

この藤次郎の「F-875」を買っていただき、「刃離れ効果」がでるように研ぎ直し、

使ってもらっていました。




【メモ、知りたいことなど】

・2014年頃に藤次郎が販売していた「F- 875」の新品状態の刃付けを知りたい

・片刃のシェフナイフを売っているのは珍しいため、開発の経緯を知りたい

・せっかくの片刃のシェフナイフなのに、なぜ廃盤になったのか知りたい