私の包丁図鑑 No.2 藤次郎「F-807」

藤次郎の「F-807」です。


2014年の12月11日、私もお店のマスターと同じ包丁(F-875)を買おうと思いましたが、型番を間違えて購入した包丁です。

私の包丁の勉強は、「同じ型番の包丁を買えない自分の実力と向き合う」ところからスタートしています(笑)















【仕様】

メーカー:藤次郎

刃渡り:180㎜

重さ:178g(私が所有しているもの)

素材:コバルト合金鋼・13クロムステンレス鋼

形状:牛刀

刃付け:両刃




「F-875と似てるけど…これじゃだめなの??笑」

と思うくらい、当時はなにが違うのかわかりませんでした。


F-875改  似ている…














この時に「片刃と両刃の違い」、「単一素材の包丁、割り込み包丁について」など、

いろいろ説明をしてもらったのですが、

「とりあえず、マスターと同じように切るにはF-875を買えばいいんだな」と、

10の説明をいただいた中から、1くらいしか理解できていませんでした。



「F-875」は計3本(現在は廃盤)、「F-807」は計2本購入しました。

その後、自分が片刃のシェフナイフを作ることになるなんて…

当時はまったく思っていませんでした。




【メモ】

・間違えて購入したのがきっかけ

・数年後、自分で片刃に研いで「刃離れ」を確保した(金属同士の境目を超えない範囲で研いだ)。

・この包丁を使いこなせそうな面白い研修生と出合い、プレゼントしたため、今は持っていない

・2017年10月28日に再度「F-807」を購入。両刃のまま保管。

・「F-807」は2本購入しているが、所有しているのは1本