「刃離れ」が魅力の包丁で切り比べ

更新日:6日前

私が考案する刃付けの片刃のシェフナイフは、

「刃離れ」が魅力の包丁です(写真右側)。











刃離れが魅力の包丁といえば、

「穴あき・リブ付き・ディンプル・低摩擦コーティング」などの包丁があります。

片刃のシェフナイフ「結」は、「刃付け」を工夫することで刃離れを良くしています。

きゅうりの輪切りで比較してみました。




▽切比べに使用したのは以下の7丁の包丁です▽








①ダイソー穴あき三徳 (穴あき)

②貝印 GRACEダブルリブ (穴あき・リブ付き)

③グレステン右刃 (ディンプル)

④STONIA (低摩擦コーティング系)

⑤スーパーストーンバリア (低摩擦コーティング系)

⑥MACノンスティック (低摩擦コーティング系)

⑦結 (片刃のシェフナイフ・実用新案登録第3227805号の刃付け)



▽切比べ動画▽












①ダイソー穴あき三徳 (穴あき)

価格 110円

※左手の猫の手が穴に当たって少し痛いです。

※肉の脂が穴の中に入ると不衛生かと感じました。




②貝印 GRACEダブルリブ (穴あき・リブ付き)

価格 2000円前後

両刃ですが、右側にリブがついているので「右利き用」です。

※左手の猫の手が穴に当たって少し痛いです。

※肉の脂が穴の中に入ると不衛生かと感じました。

※包丁の箱には優れた「切り離れ」と表記され、優れた「刃離れ」とは書いてありませんでした

③グレステン 右刃 (ディンプル)

価格 13000円前後

両刃ですが、右側面にディンプルがあるので「右利き用」です。

左側にディンプルがついているものは「左刃」として売られています。

※左右にディンプルがついているものはありません

④STONIA (低摩擦コーティング系)

価格 900円

模様つきのコーティングで、⑤のスーパーストーンバリアと似ています。

どこかのドラッグストアの安売りコーナーで買ったものです。

⑤スーパーストーンバリア (低摩擦コーティング系)

価格 9000円前後

低摩擦系コーティングの中では一番凸凹があり、その凹凸でくっつきを軽減しようとしているように感じます。


⑥MACノンスティック (低摩擦コーティング系)

価格 8000円前後

滑りの良い平らなコーティングに感じました。

砥ぎが鋭く、切り込みが軽いのが特徴です。



⑦結 (片刃のシェフナイフ・実用新案登録第3227805号の刃付け)

価格 9800円

穴もリブもディンブルもないので洗いやすく衛生的です。




感想:


両刃包丁は、薄く切ろうとするほど包丁が右側に滑り落ちやすく、不安定になるため、厚さを揃えようとするとどうしても厚切りになる傾向があります。

玉ねぎ、大根、人参、ショウガなどの薄切りもほとんど同じ結果です。


いろんな包丁があって面白かったです。