top of page

スライド切り

今回は基本の切り方「スライド切り」を紹介します。



「スライド切り」はトントントンというリズミカルな音が特徴の、早く安定した切り方です。

断面にツヤが出るのも特徴です。

私自身、普段からスライド切りを使っています。



包丁の基本になる切り方なので、ぜひマスターしてください。



1: 包丁のホームポジションに構えます

包丁のホームポジションについてはコチラ




2: 包丁をまな板と平行に引き上げます





3: 前に出してホームポジションに戻します




「スライド切り」は、素早く安定して切ることができ、切った食材の断面にツヤも出ます。

比較的小さな食材を切る時に使います。










リズム良く切ってみました。

※再生すると動画がはじまります







●捕捉 ユニバーサルエッジでスライド切りをするとき

PROCEEDなど、初めて片刃の​洋包丁(ユニバーサルエッジ)を使う時は、包丁を少し左に傾けるイメージで切るのがコツです。



写真の傾きはあくまでも「イメージ」ですが、普段両刃の包丁を使っている人は、頭の中でこの程度の傾きをイメージしながら切ると、まっすぐに切ることができます。

実際は、片刃で1㎜前後の薄切りをするときは、包丁を直角にかまえれば直角に切ることができます。その理由は、食材が右側にめくれるから(右側からの力がかからないから)です。




以上、スライド切りについてでした。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page