私の包丁図鑑 No.3 藤次郎「F-503 改」

藤次郎の「F-503 改」です。














【仕様】

メーカー:藤次郎

刃渡り:170㎜

重さ:168g

素材:【心材】コバルト合金鋼(V金10号)

【側材】13クロームステンレス鋼

形状:三徳包丁

刃付け:オリジナルに研いだ片刃(※購入時は両刃)



割り込み包丁ですが、金属の境目の手前まで砥いで片刃にしてあります。

心材が1㎜以上残っているので、番手の高い砥石を使えば5年は使えるとのことでした。(側材まで来ても、F-503は問題なく使えるそうです)

お店のマスターが、なんとなく研いでいたら

以下の動画のように「刃離れ」が良くなったそうです。



▽きゅうりの輪切り▽












▽きゅうりの千切り▽

「刃離れ」がよいので、千切りも簡単です。













私が包丁に興味を持つきっかけになった「F-875改」の前に

お店のマスターが使っていた包丁です…

歴史を感じる1丁です。




【メモ】

・2005年頃、お店のマスターが購入した包丁

※「F-875 改」の前にマスターが使っていた包丁

・カタログでなんとなく選んだ

・砥いでいるうちに「刃離れ」が良くなった

・割り込み包丁だが、金属の境目の手前まで砥いで片刃にしてある

・「刃離れ」が目的で研いでいたわけではない

・新しい「F-503」を買ったときに、「刃離れ」の違いに気づき、

お店のマスターも「片刃と両刃の違い」など包丁に興味を持つようになった