初めての片刃のシェフナイフ②

片刃の包丁には「薄切りの楽しさ」の反面、

知っておきたい苦手分野があります。



それは、硬いものを半分に切るとき、真っすぐ切りにくいことです。














両刃の包丁は硬いものを切る時に、まっすぐ切りやすいです。













この特徴を「片刃は扱いが難しい」という感じる方が多いようですが、

当時の私は、難しい感じるというよりは

「こんな特徴があるんだな。斜めにならないように気を付けよう。」と思いました。



和包丁のように刃に厚みがある片刃包丁だと扱いが難しいですが、

洋包丁の薄さであれば、充分コントロールできます。














片刃の包丁で硬いものを半分に切る作業は、

真っすぐ切りにくいため、慣れる必要がありますが、

それに勝る「薄切りの楽しさ」があります。

こんな特徴もひっくるめて「片刃のシェフナイフを使いこなしたい!」

と思うようになりました。



次回も続きます。