私の包丁図鑑 No.13 「関兼次 PRO-M 三徳包丁」

関兼次の「PRO-M 三徳包丁」です。












【仕様】

メーカー:関兼次刃物株式会社

刃渡り:170㎜

重さ:155g

素材:モリブデン・ステンレス鋼

形状:三徳包丁

刃付け:両刃




「PRO-M三徳包丁」は関兼次刃物株式会社の包丁です。

「結」の共同開発でお世話になりました。


ハマグリ形状の薄い刀身が魅力で、社長の奥様も愛用しているとのことでした。

私も初めて使ったとき、切り込みの軽さに驚きました。



第51回 関市刃物まつりで「結」の実演販売をした際、

「切り込みの軽さ重視」のお客様にオススメして販売したのを覚えています。





普段は片刃のシェフナイフを使っている私ですが、

料理教室の研修生に

「片刃」と「両刃」の違いを体験していただく際に両刃の包丁の例として使ったり、

「シェフナイフ」と「三徳包丁」の違いを説明する際に「PRO-M」を使うことが多いです。




メモ

●切り込みの軽さは刀身のハマグリ形状がポイント

●刃幅がもっとあるといい(刻み作業の際に指がまな板にあたる)


包丁を開発するにあたり、いろいろ参考になる包丁でした。