​シェフナイフと三徳包丁の違い

現在一般家庭で使われている包丁は、「シェフナイフ」と「三徳包丁」が主流です。

※画像の上がシェフナイフ、下が三徳包丁です

シェフナイフは刀身がスリムで刃渡りが長め、先端にかけて細くなっているのが特徴です。三徳包丁は刀身が太めで刃元部分の直線が長め、薄刃包丁や菜切り包丁の名残があることが特徴です。シェフナイフは刃の先端部分で細かい作業がしやすく、刀身がしなりやすいため砥ぐのも簡単です。​​

私は、デザイン的にも機能的にもシェフナイフが優れていると感じています。

​切っ先が細いシェフナイフはこんな時に便利

​切っ先が細いため、細かい作業がしやすいです。

三徳包丁と比較して刀身の切っ先部分が細身く、しなりやすいため、「シームレス砥ぎ」がしやすいです。

​シェフナイフの短所は?

P1014409.JPG

シェフナイフと三徳包丁を比べたときのシェフナイフの短所は、刃の直線部分が少し短いことだけです。刃の直線部分より大きな食材を切るときは、スライドスイング切りを使うことでその短所を補うことができます。