top of page

包丁特訓コース

更新日:3月3日



私は普段、「包丁なんでも相談室」で包丁談義を楽しみながら、お客様から主に家庭用包丁について様々な相談をお受けしています。



使い方を学びたいという人のための2時間の包丁レッスンプログラムでは、生徒さんに包丁の使い方の基礎を教えています。

そして「集中して学びたい」という人のためには、「包丁特訓コース」という特別なコースも用意しています。

7泊8日という基準はあるのですが、基本的にお客様のご都合に合わせたオーダーメイドのコースです。



先日、このコースに参加してくださった方がいらっしゃいました。

YouTube「美しく切る。」を見て参加を決めてくださったそうです。




◎Mさんの上達


参加してくださったのは東京在住のMさん。

3泊4日のコースを設定しました。



練習は、自主練集も合わせて1日5時間以上を4日間続けたのですが、モチベーションが高く、常に前向きに課題をこなしてくださいました。


Mさんが包丁を使うコツをつかみ感動してくださると、私も嬉しく、終始楽しむことができました。

また、私は教える立場なのですが、生徒さんから学ぶことも多く、私にとっては「教え方を学ぶ」という貴重な経験にもなりました。

以下はビフォーアフターの動画です。

猫の手がうまくできずぎこちなさがありましたが、4日後には動画のように切ることができるようになりました。

※玉ねぎのみじん切りはもともとお上手でした



「教わる→上手になる→楽しくなる→もっと切りたくなる→さらに上手になる→さらに楽しくなる」、こんな好循環が続けば、切るのが楽しくなり、料理が楽しくなります。

今回の特訓コースがMさんにとって好循環の始まりになってくれたらと思います。


Mさん 特訓中














私も勉強になりました













Youtubeでおなじみ「アボカドと玉ねぎスライスのサラダ」も作りました






左がビフォー、右がアフター


動画や写真を見ると、上達している様子がよくわかります。

ご自宅でも奥様が驚かれたそうです。



ビフォーアフターの映像はMさんにも送りました。

良い思い出になればと思います。





◎私にとっても初めての体験


私はこれまでに、お店の研修生に2か月間ほとんど毎日包丁の使い方を教えるという経験をしたことがありましたが、面識のない個人の方に4日間つきっきりで教える経験はなく、今回の特訓コースは、私にとっても初めての体験でした。

今後はさらに長期間のコースや、玉ねぎのみじん切りやトマト、鶏もも肉、大根の千切りなど、ひとつの食材に特化した「超スペシャリストコース」、また、私とのバトルで勝てるまで帰れない「無期限特訓コース」なども提案してみたいと思いました(^^♪


特訓コースでは、面識のない方に長時間教えることの難しさと楽しさを学びました。

Mさんの熱心さとリアクションの良さに救われ、私の自信にもなりました(^^♪。

Mさんは、良い意味で「こんな教室があるなんて」と感動してくださいましたが、私にとっても新しい課題が見つかり、すばらしい体験をさせていただきました。

この体験を次につなげていけたらと思います。


以上、包丁特訓コースについてでした。

Comments


bottom of page