top of page

「バリ(カエリ)」について ―バリは髪の毛と同じ太さ?―

ユニバーサルエッジの最終的な刃付けは、包丁メーカーではなく、私が砥いでいます(忙しい時はお店のマスターにもお願いしています)。


先日、刃付けをしているときに、「髪の毛一本分のバリが出たら砥げている目安」という言葉を思い出し、実際にどの程度の太さか確認してみました。



普段使っている包丁の砥ぎ作業は、6000番で30秒ほどしか砥がないため、バリは出ませんが、新品としてユニバーサルエッジの刃付けを仕上げるときは、バリが確認できる程度まで砥ぎます。

※砥石の番手が高くなるほど、手で感じ取れるほどのバリは出ません

まずは包丁から出たバリの拡大写真と、実際に刃付け作業で出たバリです(このときは12丁仕上げました)。









400番で1分、1000番で1~2分、6000番で3~4分、バリを取るために反対側を軽く10秒砥ぎます。

最後まで片側しか砥がないので、6000番で砥いでいるうちに、バリと刃先の接点が薄くなっていき、バリは最終的にふわっと刃先から離れます。

さらに、シームレス砥ぎをしているので、バリの太さもほとんど均一です(うまく砥げるほど長いバリが出ます)。


実際に髪の毛と比較してみました。

この中に髪の毛があります。



髪の毛はほぼ断面が円で、バリは断面が平らなので、比較しにくいのですが、だいたい同じような太さだとわかりました。

「刃付けの時に出るバリは髪の毛の太さと同じ」と言えるかもしれません。

※はじめにも書いたように、私の普段の砥ぎ(切れ味を維持するための6000番の砥ぎ)では、手で感じるようなバリは出ません



以上、「バリ(カエリ)」についてでした


Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page