私の包丁図鑑 No.5 「藤次郎 F-503 メーカー砥ぎ」


藤次郎の「F-503 メーカー砥ぎ」です。












【仕様】

メーカー:藤次郎

刃渡り:170㎜

重さ:186g

素材:【心材】コバルト合金鋼(V金10号)

【側材】13クロームステンレス鋼

形状:三徳包丁

刃付け:片刃・メーカーに研いでもらったもの




2005年くらいに「F-503」を購入したマスターが、

約8年後の2013年11月、もう一度同じ包丁が欲しくて購入しました。


届いた「F-503」は、マスターが使ってきた「F-503 改」と切れ方が違うことに気づき、

その秘密は、刃付け・研ぎ角にあることがわかったそうです。


そのため、標準の刃付け(両刃)から片刃に研ぎ直しを依頼し

砥いでもらいました。

望む仕様を伝えるのが難しく、思った仕上がりではなかったそうです。



メーカーとやりとりをして発見したことは

・割り込み包丁(両刃)を片刃に研ぐことに否定的

・メールでは、望む仕様を伝えるのが難しい

・次は自分でやってみよう

などだったそうです。




【おまけのエピソード】

この「F-503 メーカー研ぎ」を使う気になれず、

「次は刃渡りをもう少し長くし、最初から片刃の洋包丁がないか」と思って

見つけたのが「F-875(片刃のシェフナイフ)」だったそうです。


新品の「F-875」は刃先厚が薄く、「刃離れ」の効果が弱かったそうですが

砥いでいたら、効果が出てきました。

こうして私が包丁に興味を持つきっかけに「片刃のシェフナイフ」が出来上がりました。

※私は2014年12月に出会います



「F-503 メーカー砥ぎ」を見ると、

この包丁のおかげで「F-875 改」に出会えたのかと嬉しくなります。