包丁の歴史を「結ぶ」​

包丁は、その時代の生活スタイルや、製造技術によってさまざまな進化を遂げています。

現代の一般家庭の主流の包丁は、どんな食材にも対応でき、切れ味もよく、メンテナンスが楽なステンレスの洋包丁です。ステンレスの洋包丁の魅力に、「これまでにない切れ方」という魅力をプラスした包丁が「結」です。包丁の歴史を結実させた新世代の包丁です。

和包丁と洋包丁の魅力を「結ぶ」​

「結」は、和包丁と洋包丁の魅力を融合した「ハイブリッドキッチンナイフ」です。

洋包丁の形状に、和包丁の特徴である「片刃」を取り入れたことにより、切り離れのよさ、砥ぎやすさ、切れ味のよさを体感できます。 

片刃は両刃と比べ、「食材の抵抗を受けやすい・もろい」と言われていますが、その短所をカバーするのが、洋包丁の薄い刃と、切れ味と丈夫さを兼ね備えたステンレス素材です。

薄刃のステンレス素材により、食材との抵抗は最小限に抑えられ、強度も充分です。

和包丁と洋包丁、お互いの魅力を集結して生まれた包丁が「結」です。

使う人とその先の誰かを「結ぶ」

 

 

「結」が体験させてくれる「切れ方」は、使う人を楽しませ、それを見た周囲の人たちも楽しませてくれる魅力があります。使うほどにその魅力を誰かに伝えたくなり、結を中心にした人のつながりができていきます。

人と人の縁を結ぶ包丁、それが「結」です。