top of page

包丁の使い方

前回「ふわふわ千切りサラダ」の作り方を投稿しました。



「同じように切ってみたいけど、初心者には無理でしょ」

と感じる方が多いようですが、そんなことはありません。



今回は、「包丁の勉強を始めた頃はまったくの初心者だった私が、

包丁の商品開発をするまでになった、『包丁の使い方』」について紹介します。



基本は「ホームポジション」・「猫の手」・「スライド切り」を実践するだけです。

私は、初心者の研修生や包丁メーカーの社員さんにも包丁の使い方を教えた経験がありますが、みなさん数時間の練習で「切るのが楽しい!」と感じるようになりました。

記事の後半に、私が実際に包丁の使い方を教えた研修生の動画も紹介します。



=======================


●ホームポジション

基本の構え方です。











●猫の手

基本になる「猫の手」です。安全に切るコツがわかります。










●スライド切り

基本の「早く・きれいに・安全に切る方法」です。

包丁のホームポジションに構えて、肘をうしろに引き上げ

前に出して切ります。

包丁の刃線とまな板が平行のまま切ります。










私は、キュウリの半月切りから始め、大根、にんじんと練習しました。

食材が大きくなるにつれ、刃渡りを長く使うのがポイントです。

だんだんできるようになって楽しかったです。




以下、研修生のビフォーアフター動画と、

練習風景を送ってくれた生徒さんからの動画を掲載します。


研修生のビフォーアフターです。

10時間の練習で「スライド切り」だけでなく、「手首の引き切り」もマスターしました。











ご自分の練習風景を撮影して送ってくれた生徒さんの動画です。


キュウリの半月切りです。中指の使い方を練習しています。

※途中から10倍速です












ズッキーニの薄切りにハマったそうです♪












以上です。

切り方は以下のページでも紹介しています。

参考にしてみてくださいね。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page