包丁の使い方

​包丁のホームポジション

※動画では、身体の向きが45度、包丁を置く角度が90度・90度の順番で説明していますが、覚え方では語呂がいいので「90₋90₋45」と表現しています。​

​基本の3種類の切り方 ①スライド切り

家庭用包丁の基本の動きです。

素早く安定して切ることができ、切った食材の断面にツヤも出ます。

比較的小さな食材を切るときに使います。

​基本の3種類の切り方 ③スライドスイング切り

スライド切りとスイング切りを合わせた切り方です。

奥行きのある食材を切るときに使います。

シェフナイフを使う人によく見られる動きですが、

やはり動きが大きく、不安定になりがちです。

​猫の手の使い方

「猫の手」の使い方です。複数ある中でも
基本になる「猫の手」を紹介しています​。

​基本の3種類の切り方 ②スイング切り

切っ先をまな板につけたまま、アゴを上下させて切る方法です。玉ねぎのみじん切り、ズレやすい食材を切るときなどに使います。動画を見てわかるように、動きが大きく、不安定になるため、キュウリの輪切りにはむいていません。

​切り方メドレー

基本の3種類の切り方以外にも、食材の状態、包丁の大きさ、厨房の広さなど、状況に応じて様々な切り方があります。短く編集しましたので、参考にしてください。

​片刃のシェフナイフの研ぎ方
(シームレス砥ぎ)

​1回1分程度作業でできる研ぎ方です。
刃を砥石の対角線上にあて、刀身のしなりを
​利用して、刃全体をあてて研ぎます。