​このサイトについて

このサイトをご覧いただきありがとうございます。運営者のNorikoです。私は普段、レストランで調理と接客を担当しながら「包丁アドバイザー」として活動しています。

 

サイト名の「結」は私が初めて作った包丁の名前です。

  

包丁の種類もほとんど知らなかった私が「片刃のシェフナイフ」に興味を持ったのは、右の動画のような「切れ方」の違いに感動したことがきっかけです。

 

それ以降、包丁や切り方の勉強をするようになりました。

片刃のシェフナイフは、切れ味はもちろん、これまでにない「新感覚の切り離れと安定性」が特徴の家庭用包丁です。

現在、一般家庭で主流の包丁は「両刃」のシェフナイフで、多くの人が「片刃」のシェフナイフの魅力を知らず、食材を切る楽しさを知らないままでいます。私もそんな一人でした。

「切るのが楽しくなると料理が楽しくなる…」

このサイトを通じて、皆さんに感動をお伝えできればと思います。

 ​研究に使った包丁 

​サイト運営者について

【自己紹介】

 Noriko  ( 本名:寺内典子 )

 栃木県出身。趣味は野菜を切ることとバイクに乗ること。

 2014年、「アジア雑貨とネパールカレー ティハール」でカフェ経営の勉強を始め、

   店長代行・仕込み・料理・接客を担当。調理で使用する「片刃のシェフナイフ」の切

 れ方に感動し包丁に興味を持つ。

【活動実績】

・2018年10月3日、包丁メーカー(関兼続刃物株式会社)と共同開発した「結」を発売

・第51回「岐阜県関市刃物まつり」にて実演販売。用意した包丁約50本が完売する

・2017年より包丁の使い方教室、料理教室の開催

・伊豆新聞に掲載(2019年6月)など