​このサイトについて

このサイトをご覧いただきありがとうございます。

サイト運営者のNorikoです。

 

私は普段、レストランで調理と接客を担当しながら「包丁アドバイザー」として活動しています。

サイト名の「結」は私が始めて作った包丁の名前です。

 

私の活動の原点は、「片刃のシェフナイフ」に出合い、動画のような「切れ方」に感動したことがきっかけです。

 

それ以降、包丁や切り方の勉強をするようになりました。

70丁以上の家庭用包丁の研究をしたことや、研修生や生徒さんに包丁の使い方を教えていく中で、「切るのが楽しくなると料理が楽しくなる」と実感した包丁は「片刃のシェフナイフ」だけでした。

 

 

現在、一般家庭で主流の包丁は「両刃」のシェフナイフです。

「片刃」のシェフナイフは、「切れ味・砥ぎやすさ」はもちろん、両刃のシェフナイフにない「新感覚の刃離れ・薄切りの安定性」が特徴です。

そしてその特徴は、多くの日本人が求めているものでした()。

 

「切るのが楽しくなると料理が楽しくなる」

このサイトを通じて、みなさんにお伝えできればと思います。

P1010055_edited_edited.jpg
P1011582.JPG

​サイト運営者について

【自己紹介】

 Noriko  ( 本名:寺内典子 )

 栃木県出身。趣味は野菜を切ることとバイクに乗ること。

 2014年、「アジア雑貨とネパールカレー ティハール」でカフェ経営の勉強を始め、

   店長代行・仕込み・料理・接客を担当。調理で使用する「片刃のシェフナイフ」の切

 れ方に感動し包丁に興味を持つ。

【活動実績】

・2018年10月3日、包丁メーカー(関兼続刃物株式会社)と共同開発した「結」を発売

・第51回「岐阜県関市刃物まつり」にて実演販売。用意した包丁約50本が完売する

・2017年より包丁の使い方教室、料理教室の開催

・伊豆新聞に掲載(2019年6月)など