片刃のシェフナイフって?

「片刃のシェフナイフ」は、どの包丁メーカーも本格的に「研究・販売」をしたことがない新しい家庭用包丁です。「実用新案登録第3227805号」の刃付けと、ステンレスの特徴を最大限に活かして設計された刀身により、既存の家庭用包丁では味わえない、「新感覚の刃離れ」と「砥ぎやすさ」のほか、「野菜の薄切りの安定性」「汎用性」「メンテナンス性」「コストパフォーマンス」を発揮します。

「片刃・シェフナイフ」と聞くと、プロしか使いこなせない特別なもののように感じるかもしれませんが、実際は、誰でも使え、日常の家庭レベルの調理であればなんでもこなせる便利な包丁です。※アンケート結果 1000万世帯の役に立つ包丁

※このサイトで紹介する「​片刃のシェフナイフ」は、主に以下の仕様です。

刃渡り:190㎜

刃付け:実用新案​登録第3227805号の刃付け

​形 状:刀身がしなるシェフナイフ

素 材:モリブデンバナジウム

汎用性・メンテナンス性
​コストパフォーマンス

P1011925.JPG

​片刃と両刃の違い

P1014409.JPG

​​シェフナイフと

三徳包丁の違い

​研ぎ方

​片刃のシェフナイフって扱いにくいの?

片刃は両刃に比べて「硬いものをまっすぐに切れない」「刃先が弱い」というイメージがあり、初心者には扱いにくいと思っている人も多いようです。

ステンレス素材で刃を薄くすることができる「片刃のシェフナイフ」なら、この点をカバーできます。「硬いものをまっすぐに切れない」ということについては、少し左に傾けて切ることで軽減できます。「刃先が弱い点」は、靭性のたかいステンレス素材を使用し「刃こぼれ」しにくくなっています。また、一般家庭では、魚も肉もすでにさばかれた状態で売られたものを買う場合が多く、「骨を断つ丈夫さ」も昔に比べれば重要視されなくなってきています。

片刃のシェフナイフは「切れ方が楽しい・研ぎやすくメンテナンスがしやすい」、誰もが使える便利な包丁です。